ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

wearとput onの違いとは?

wearとput onの違いとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

突然ですが、wearとput onの違いが何かわかりますか?
意味の違いを考えるために、以下の文章の違いを考えてみましょう。

He is wearing a jacket.

He is putting on a jacket.

いかがでしょうか?
違いはわかりますか?

どちらも「身につけている」という同じ意味だと捉えがちですが、実はニュアンスが違います。

まずwearは「(何かを)身につけている」という状態を表します。

よって、He is wearing a jacket.は「彼はジャケットを着ている。」という意味になります。

一方で、put onは「(何かを)身につける」という動作を表します。
よって、He is putting on a jacket.は「彼はジャケットを着ている途中だ。」という意味になります。

それぞれのその他の例文は以下のようになります。

wear

He always wears sunglasses.
(彼はいつもサングラスをつけている。)

She wore a red dress yesterday.
(彼女は昨日赤いドレスを着ていた。)

put on

I want to put on that T-shirt.
(私はそのTシャツを着たい。)

Can I put on this watch?
(この時計をはめてもいいですか?)

このように動詞には状態を表す動詞と、動作を表す動詞があります

例えば、状態を表す動詞だとlive、like、knowなどが挙げられます。
一方で、動作を表す動詞だとplay、sing、goなどです。

是非、両者を使い分けられるようにしましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)