ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

「時間にルーズ」はlooseではありません!

「時間にルーズ」はlooseではありません!

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

「時間にルーズ」と言いたい場合、あなたはもしかしたらlooseを思い浮かべるかもしれません。
しかし、

You’re loose.

と言ったとしても、残念ながら通じません。
以下のように使います。

looseは「緩んだ、正確でない」といった意味がありますが、日本語の「ルーズ」と同じ意味として使えません

The screw is getting loose.
(そのネジは緩くなってきている。)

He has a loose sweater.
(彼は大きめのセーターを着ている。)

Your translation is loose.
(あなたの翻訳は正確でない。)

ちなみにlooseの発音は「ルーズ」ではないので、注意です。
カタカナでいうと、「ルース」に近い音です。


では、「時間にルーズ」はどのように表現すればいいのでしょうか?
いくつか紹介したいと思います。

You’re always late.

You’re never on time.
※on timeー時間通りに

You’re not punctual.
※punctualー時間(期限)を守る

カタカナは便利なようで、混乱を招くので注意が必要ですね。
You’re loose.と言わないように、気をつけましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)