ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

ハイテンションは和製英語です!

ハイテンションは和製英語です!

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

日本人が間違いやすい英語の1つがハイテンションです。

He is high tension.

とか

He has high tension.

といった表現を使う人が結構多いのですが、100%通じません。

なぜこれでは通じないのか?
代わりにどういった表現を使えばいいのか?

を解説していきたいと思います。

tension=ぴんと張っていること

tensionの基本的な意味は、何かが「ぴんと張っていること」です。
そのため、以下のような使い方ができます。

I have tension in my neck.
(首に張りがあります。)

更にそこから派生して「緊張(関係)、不安」という意味で使われる場合もよくあります。

The best way to reduce tension is to talk with your friends.
(不安を和らげるためのベストな方法は、友達と話すことです。)

The tension between the two countries has lasted for a long time.
(その二国間の緊張関係は長く続いています。)

ハイテンションは英語で何と言えばいいのか?

high tensionが「ハイテンション」を意味しないとなると、どう表現すればいいのでしょうか?

1つはhyperです。
日本語でも「ハイパー〜」と言ったりしますが、英語だとテンションが高い状態を指します。

英語に置き換えると、very excitedとなります(一方で、very nervousな状態を意味することもあります。)。

He is so hyper today that I can’t control him.
(彼は今日とてもハイテンションなのでコントロールできません。)

別の言い方としては、excitedを使います。
まあ、hyperがvery excitedの意味なので、当然excitedも使えるわけです。

She got very excited because she got a job offer from her first-choice company.
(彼女は第一志望の会社から内定をもらったので、ハイテンションになりました。)

まとめ:high tensionは通じないので、注意しよう!

high tensionのように通じそうで、全然通じない英語ってたくさんあります。

是非、色々な和製英語を知っておきましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)