ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

回転ずしを英語で

回転ずしを英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

外国人と食事をするとなった時に、やはり日本食を食べさせてあげたいと思うのが普通だと思います。

そんな時に、手軽に連れて行くことができるのが回転ずしです。

では、回転ずしって英語で何と言えばいいかわかりますか?

kaiten-zushiと伝えても、当然ですが伝わりません(笑)

英語での2種類の回転ずし

では何と言えば伝わるのか?

最も一般的なのは、conveyor belt sushiです。

conveyor beltはベルトコンベヤーを意味します。
belt conveyorではないのが、ポイントです。

あとは、sushi-go-roundという言い方もします。

go roundはgo aroundのイギリス英語であり、「周りを回る」という意味を持っています。
よって、sushi-go-roundは回転ずしを意味します。

ちなみに、メリーゴーランドもmerry-go-roundというスペルとなり、同じgo-roundが使われています。

このように、英語は似たような表現を関連付けると効率よく言葉を覚えていくことができます。
是非、参考にしてみてください。

まとめ:回転ずしを含めた日本食を英語で表現できるようになろう!

今回紹介した回転ずしも含めて、日本食は外国人がとても興味を持っている分野です。

よって、寿司、ラーメン、納豆など基本的な料理は英語で説明できるようにしておきましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)