ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

「部署を異動する」を英語で

「部署を異動する」を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

4月といえば、新年度ということで部署の異動も頻繁に行われていると思います。

では、「部署を異動する」と英語で言いたい時、どのように表現するかご存知でしょうか?
レッスンをしていても意外に皆さん上手く使えていないので、今回取り上げてみました。

いくつか言い方はありますが、基本的にtransferを使います。

transferには「〜を異動させる」、「〜が異動する」の2つの意味があるので、それぞれ以下のような文章が可能となります。

①I was transferred to the sales division.
②I transferred to the sales division.
(私は営業部に異動した。)

意味は両方同じになりますが、表現の仕方が若干変わります。
また、ニュアンスが少し変わります。

①は異動を命じられた場合に使いますが、②は自分の意思で異動をしたというニュアンスに変わります。

あとは、moveを使って以下のように表現することもできます。

I moved to the sales division.

最後に1点注意したいことがあります。
それはchangeの使い方です。

よく、changeを使って、

I changed my division to the sales division.

のように言う人がいますが、changeは「〜を変更する」なので、「部署を変更する」という意味になり、少し違和感がある表現になってしまいます。

「部署を異動する」はビジネス英語ではよく使う表現なので、使えるようになりましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)