ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

「それほど〜でない」と英語で言いたい時

「それほど〜でない」と英語で言いたい時

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

英語で例えば、「彼のことが好きではない。」と言いたい時は、

I don’t like him.

と言いますが、「彼のことがそれほど好きではない。」と言いたい時は、何と言えばいいかわかりますか?

今回の記事では2つのパターンを紹介していきます。

not really

1つは、not reallyを使うパターンです。
not reallyには「それほど〜ではない」という意味があるため、

I don’t really like him.

で、「彼のことがそれほど好きではない。」と言う意味になります。

not reallyを使った他の文章も見ていきましょう。

I don’t really know about my boss.
(上司についてそれほど知らない。)

He didn’t really get what I said.
(彼は私が言ったことをそれほど理解できていない。)

not~so much

2つ目は、not~so muchを使うパターン。
先ほどの「彼のことがそれほど好きではない。」だと、

I don’t like him so much.

となります。

soの代わりにveryを使っても大丈夫です。

I don’t like him so much.は「彼のことが全然好きでない。」という意味にとらえがちですが、実は違います。

その場合、

I don’t like him at all.

になるので、注意です。

まとめ:「それほど〜ではなく」を英語で表現するときは2つの英語表現を使い分けよう!

いかがだったでしょうか?

今回のような話は結構苦手な人が多い印象があるので、紹介させて頂きました。
使えるようになるまで、繰り返しトライしましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)