ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

英会話スクール

英会話講師は日本人、外国人のどちらを選ぶべきか?

英会話講師は日本人、外国人のどちらを選ぶべきか?
こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

英会話スクールに行く時に抱える悩みの1つが、講師を日本人にするか、外国人(日本語の話せない)にするかだと思います。

実際、どちらがいいのでしょうか?

正解を言うと、英語のレベルによって変わってきます

まず、日本人の講師が適しているのは初級者〜中級者の方になります。

ここでいう初心者とは英語がほとんど話せないことに加えて、相手の言っていることが理解できないレベルを指します。

そして、中級者とは会話のスピードや表現は限られるものの、外国人との英語でのコミュニケーションがある程度取れる状態と仮定します。

ではなぜこのステージの方々に日本人講師が向いているかというと、日本語を交えた方が効率的に学ぶことができるからです。

英語ばかりで日本語の解説がない授業だと、初心者の場合はほとんど何も理解できないまま進んでしまい、 中級者の場合でも理解が中途半端なまま進む恐れがあります。

また、日本人がつまづきやすいポイントや表現しづらいポイントを 日本人講師であれば解説できるので、1つ1つの疑問を解決しながら進めることができます。

このように総合的に考えると、初級者〜中級者の方は 日本語と英語の両方がわかる日本人講師に習う方が圧倒的に効率的となります、

一方で、外国人の講師が適しているのは上級者以上となります。

ここでいう上級者とは自分の言いたいことがある程度表現でき、相手の言っていることもほとんど理解できるレベルと仮定します。

このステージにいる方はビジネスでも使えるぐらい英語ができる方なので、あとはとにかく実践を繰り返してより英語を洗練させていくことが重要です。

また、たとえ相手の言っていることが理解できなかったとしても英語で質問し、英語で理解できる力があるので外国人講師で全く問題ありません。
むしろ、日本人講師だと少し物足りなく感じるかもしれません。

いかがでしょうか?
英会話スクール選びで失敗しないためには、まず自分自身の英語力を知る必要があります。
是非、自分にあったスクールを選んでいただきたいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)