ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

winとbeatの違いとは?

winとbeatの違いとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回の日本人が間違いやすい単語はwinとbeatです。
どちらも「〜に勝つ」という意味ですが、使い方が違うので注意が必要です。

そんな紛らわしい単語であるwinとbeatの違いを今回のブログで解説していきます。

win:(試合や競技に)勝つ

まず日本人に最も馴染みのあるwinについてです。
これは「(試合や競技に)に勝つ」場合に使われます。

例えば、以下のような使い方です。

We have to win the next game.
(我々は次の試合に勝たなければいけない。)

He won the previous election.
(彼は前回の選挙に勝利した。)

I have to practice hard to win the tournament.
(そのトーナメントに勝つために、一生懸命練習しなければいけない。)

このように後ろには試合、競技、選挙などが来ます。

×I want to win your team.

上のように対戦相手を持ってくることはできないので、気をつけましょう。

あと、

We won.
(我々は勝利した。)

のように後ろに名詞を持ってこない形も可能です。

ちなみにwinには「〜を獲得する」という意味もあり、次のような使い方が可能です。

She won a gold medal at the 2016 Summer Olympics.
(彼女はオリンピックで金メダルを獲得した。)

I won one million yen on the lottery.
(宝くじで100万円を獲得した。)

beat:(対戦相手に)勝つ

一方で、beatは「(対戦相手に)勝つ」と言いたい場合に使うことができます。

Our team easily beat the opponent.
(我々のチームは簡単に対戦相手に勝った。)

You definitely have to beat him because he is an amateur.
(彼はアマチュアなので必ず勝たないといけない。)

We were beaten by them.
(我々は彼らに負けた。)

winとは違い、We beat.のように後ろに名詞を置かない形では使えません。

ちなみにdefeatという単語もあるのですが、基本的にbeatとほぼ同じ意味として使われます。

まとめ:winとbeatの違いを正しく理解しましょう!

winとbeatの違いをまとめると以下のようになります。

win:(試合や競技に)勝つ 後ろに名詞を置く形、置かない形の両方使える。
beat:(対戦相手に)勝つ 後ろに名詞を置く形しか使えない。

正しく使い分けができるようにしましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)