ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

日本人が間違いやすい英語

先輩、後輩を英語で

先輩、後輩を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回、取り上げるのは先輩、後輩を英語でどう表現すればいいのか?について。

これは、生徒さんによく聞かれる質問なので、気になっている方は多いのではないかと思います。

英語で何と言えばいいかわかりますか?

先輩、後輩は英語で何と言えばいいのか?

では、正解はどうかというと・・・

実は英語には該当する単語がありません!

取り上げておきながら申し訳ありませんが、英語には先輩、後輩という概念がそもそもないのです。

カナダ人の友人曰く、年齢差がほとんどない場合、年上の方を尊敬するという感覚はないようです。

もちろん、かなり年齢の離れた方を尊敬するという文化はあるようですが、日本の部活とは違い、1〜2歳程度の年齢差であれば尊敬することがないため、先輩、後輩という概念がないのです。

よって、例えば「部活の先輩(後輩)」と言いたければ、my club member、「会社の先輩(後輩)」と言いたければ、my co-worker (colleague)と言えば、問題ないです。

まとめ:日本と欧米の文化の違いに注意しよう!

言葉は文化を反映します。
よって、今回のように日本語にあるけど、英語にはない言葉は存在します。

常に日本語に該当する英語がある訳ではないことを、心に留めておきましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)