ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

ビジネス英語

意外に知らないメールを書くときのルール〜Part2〜

意外に知らないメールを書くときのルール〜Part2〜

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回は珍しく英語のライティングに関するルールです。
英語のEメールには色々とルールがありますが、今回はその中の日本人が間違いやすいルールを説明します。

今回紹介するルールとは、英語のEメールではカンマ(,)があっても改行しないということです。

どういうことか?
例えば、以下のような書き方はしないということです。

As I told you in the previous email,

we should have a meeting and talk about that.
(前回のメールでお伝えしたように、我々は会議をして、その事について話をするべきです。)

日本語のメールでは1行の文章が長くなってしまう場合、あるいは読点(、)がある場合には、改行をするケースが多いですね。
しかし、英語ではそれをしません

ですので、先ほどのメールも、

As I told you in the previous email, we should have a meeting and talk about that.

と一行にまとめてしまいます。

読点はないですが、以下のような長い文章も同じルールです。

We would be happy if we could have a business meeting with you since that would be easier for you to understand us and our service.
(御社が我々の会社とサービスを理解しやすくなるので、我々は御社と打ち合わせができたら大変嬉しく思います。)

「一行が長くなると読みにくくなるのでは?」
と思う気持ちはわかりますが、ルールなので従いましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)