ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

上司、部下を英語で

上司、部下を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回取り上げるのは、ビジネスシーンでよく使われる、「上司」、「部下」という表現。

上司はわかっても、部下を英語で何と言えばいいか、なかなかわからない人も多いのでは?と思います。

という訳で今回、上司と部下、それぞれの英語について解説していきます。

上司、部下は英語で何と言えばいいか?

上司ーboss

まず上司ですが、英語ではbossが一般的です。

My boss always gives me a lot of tasks.
(上司は私にいつもたくさんの仕事を振ります。)

I really respect my boss because he treats everyone equally.
(上司はみんなを平等に扱うので、私は本当に上司のことを尊敬しています。)

部下ーstaff

次に部下ですが、staffが一般的です。

My staff is very hardworking.
(私の部下はよく働きます。)

There are ten staff in my department.
(私の部署には10人の部下がいます。)

辞書で調べると、上司はsuperior、部下はstaffという言い方も出てきますが、ネイティブスピーカーの方は使わない表現のようです。

このように辞書に書かれているけど、実際は使われないという表現はたまにあるので、注意が必要です。

まとめ:上司はboss、部下はstaff

以上、上司と部下、それぞれの英語での表現でした。

よく使う単語なので、boss、staffそれぞれを覚えるようにしましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)