ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

文法

aとtheの違いとは?

aとtheの違いとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

生徒さんからよく聞かれるのが、

「aとtheの違いは何ですか?」

という質問です。
aやtheは冠詞と呼ばれているのですが、そもそも日本語にない概念なのでとても難しいです。

そして、全てを完璧に理解しようとするとかなりマニアックになるので、泥沼にはまってしまいます。

なので、今回はこれだけ知っておけば大丈夫!という基本概念をお伝えします。

aは特定できないもの、theは特定できるもの

aとtheの違いで最も重要かつ抑えて欲しいのは、

aは特定できないもの、theは特定できるもの

という違いです。

どういうことか?
以下の例文を見ながら、確認していきましょう。

A: I went to a restaurant yesterday.
(昨日レストランに行きました。)

B: That sounds nice. How was the restaurant?
(いいですね!そのレストランはどうでしたか?)

Aさんのセリフではa restaurantとなっている一方で、Bさんのセリフではthe restaurantとtheが付いています。

なぜこのような違いが生まれのでしょうか?

まず、Aさんは「レストランに行った。」ということを言っているだけで、このレストランは特定のものを指していません。
よって、a restaurantとなります。

一方で、Bさんは「そのレストランはどうでしたか?」と言っており、このレストランはAさんが昨日行った特定のレストランを指しています。
そのため、the restaurantとなっています。

まとめ:aとtheの基本概念を抑えよう!

以上がaとtheの基本的な違いとなります。

この違いがわかっていれば、正直言って十分です。
本当はもう少し細かい違いはあるのですが、まずは今回紹介した、

aは特定できないもの、theは特定できるもの

という違いを抑えましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)