ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

staffとstuffの違いとは?

staffとstuffの違いとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昨日のブログの『上司、部下を英語で』の中で、部下を英語でstaffと表現するとお伝えしました。

このstaffとよく似たスペルで、stuffという単語があるのですが、ご存知でしょうか?

今回はスペルがよく似ている、staffとstuffの違いをお伝えしたいと思います。

staffとstuffの意味の違い

staff

このstaffですが、基本的にある組織の中で働く人という意味を指しています。

よって昨日紹介したように、「同僚」という意味を持っているのです。

stuff

stuffはいくつか意味がありますが、よく使われるのは「モノ、コト」という意味としてです。

thingと同じ意味として使える言葉ですが、stuffはカジュアルな表現となります。

例文を見てみましょう。

I have so much stuff to do.
(私はやらなければいけないことがたくさんあります。)

What kind of stuff do you want to do next week?
(来週どんなコトをしたいですか?)

staffとstuffの発音の違い

それぞれの発音もチェックしておきましょう。

staffWeblio調べ


stuffWeblio調べ

staffのaもstuffのuもどちらも日本語の「あ」の音に該当しますが、英語での発音はかなり違います。

staffのaは「あ」と「え」の中間音である、〔æ〕という発音となります。
この音を出すためのポイントは、「え」の口を作ったまま、「あ」と発音するイメージです。

一方で、stuffのuは〔Λ〕という発音です。
こちらの音は、口を軽く開いて、喉の奥から「あ」と発音するイメージです。

以下の動画で違いを説明しているので、ご確認ください。

まとめ:よく似た単語、staffとstuffの違いに注意しよう!

以上、よく似た単語であるstaffとstaffの違いについてでした。

英語ではスペルがよく似ていて、意味が全く違う単語は結構たくさんあるので、注意するようにしましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)