ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

同窓会を英語で

同窓会を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昨年末は中学校の同窓会でした。

5年ぶりの再会でしたが、参加者の8割ぐらいが結婚、または出産していて、自分も歳を取ったんだなと実感しました・・・

さて、今回はそんな同窓会を英語でどう表現するかについてお伝えします。

表現としては大きく分けて2つあります。

reunion

「同窓会」として一般的な英語です。
reunionには同窓会以外にも「再会」という意味があります。

alumni meeting

alumniはalumnusの複数形で、「同窓生、卒業生」という意味なのでそこからalumni meetingは「同窓会」という意味になります。

ただ、発音が少し難しいので注意です。
以下をご確認ください。

alumnus(Weblio調べ


 

alumni(Weblio調べ

よって、「昨日中学校の同窓会があった。」と言いたい場合には、以下のように言えばいいです。

I went to a junior high school reunion yesterday.

I went to a junior high school alumni meeting yesterday.

以上の2つがよく使われる単語ですが、もしも単語が出てこなかった場合には言い換えれば問題ないです。

例えば、

I went to a party and met my friends from junior high school yesterday.

というように表現すれば、問題なく通じます。

もちろん単語は知っていた方が便利ですが、知らなければ通じるように言い換えてしまえばいいのです。

これは、英語を話す上でとても重要な考え方なので、是非意識しておくと良いです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)