ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

知っていたら便利なhelpの使い方

知っていたら便利なhelpの使い方

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昨日、『「(人を)フォローする」はfollowではありません!』の中で、helpが登場しましたが、実はhelpの使い方って、みんなあまり知らない印象があります。

という訳で、今回は知っていると便利なhelpの使い方を紹介します。

様々なhelpの使い方

help+人

まずは、基本的な使い方である、help+人のパターンです。
これはお馴染みの使い方だと思います。

Will you help me?
(手伝ってくれませんか?)

help+人+to do

次は、help+人+(to) doの形です。
これは、「人がdoするのを手伝う」という意味です。

Can you help me carry this baggage?
(この荷物を運ぶのを手伝ってくれませんか?)

help+(to) do

次はhelp+(to) doという形。

先ほどの人の部分がないパターンですね。
意味は「doするのを手伝う」という意味。

She came here to help fix my laptop.
(彼女は私のノートパソコンを直すのを手伝うために、ここに来ました。)

まとめ:便利なhelpを使えるようになろう!

以上のように、helpはPlease help me.のような使い方以外もたくさんあります。

僕もhelpは普段からよく使っている便利な表現なので、マスターできるようになりましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)