ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

exceptの使い方

exceptの使い方

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昨日のallowに引き続き、今回も新幹線の英語アナウンスからのネタです。
allowに関してもっと知りたい場合は、「allowの使い方」をご覧ください。

さて、今回解説するのは以下の文章のexeptという表現です。

Smoking is not allowed on this train except in the designated smoking rooms located in cars 3, 7 and 15.
(3号車、7号車、15号車にある指定の禁煙室を除いて、この電車では喫煙は禁止されている。)


allowー許可する
designatedー指定された
locateー〜を置く、設置する

exceptは「〜以外、〜を除いて」という意味を持っています。

似たような表現にexcept forがあるのですが、以下のように使い分けが可能です。

文頭で使う場合⇒except for

Except for me, everyone has a smartphone.
(私を除いて、みんなスマホを持っている。)

直後に前置詞、接続詞が来る場合⇒except

I exercise every day except on Sunday.
(私は水曜日以外は毎日運動をする。)

I read a newspaper on the train except when I’m very busy.
(私は忙しい時を除いて、電車で新聞を読む。)

それ以外⇒except for

I like to eat Japanese food except for natto.
(私は納豆以外の日本食が好きだ。)

両方使えるケースもあるようですが、ルールが複雑なためexcept forを使っておけば無難です。

except (for)はとても便利な表現なので、是非使い方をマスターし、表現の幅を広げましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)