ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

確定申告を英語で

確定申告を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

本日、無事に確定申告が終了しました。
4回目ともなると、さすがに慣れてきてかかる時間も毎年確実に減ってきています。

さて、今回はそんな確定申告を英語でどう表現するかについて。

「確定申告をする」はfile a tax returnが一般的です。

fileとは「提出する、申請する」、
taxは「税金」、
returnは「返却」という意味が一般ですが、ここでは「申告書」という意味。

こういった専門用語を考えるとき、その用語がそもそも何を意味しているのか?を考えると理解しやすいです。

確定申告とは、1年間の所得から納税額を計算し、税金を申告、納税することです。
よって、file a tax returnで「確定申告をする」という意味になります。

ただし、

submit tax documents
(税金の書類を提出する)

といった表現でも恐らく通じるかと思います。
要は、正確な表現を使わなくても言い換えをすれば、通じるということです。

この考え方、めちゃめちゃ大切です!

ちなみに確定申告とは所得税を納めることなので、単なるtaxの代わりにincome tax(所得税)を使って、

file an income tax return

と表現する場合もあります。

個人事業主以外や人事の方以外はあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、表現できると便利ですね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)