ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

「〜を放送する」を英語で

「〜を放送する」を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

先日生徒さんとレッスンをしていて、「〜を放送する」をどう英語で表現すればいいかが話題になりました。

英語で何と言うかご存知でしょうか?

今回の記事では「「〜を放送する」に関して、3つの単語を紹介します。

broadcast

まず1つ目がbroadcast
日本語でも使われるので、イメージしやすいかと思います。

テレビ以外にラジオでも使われます。
以下、例文となります。

TBS broadcasts “Jonetsu Tairiku” every Sunday.
(TBSは毎週日曜日、情熱大陸を放送している。)

That TV program was broadcast last week.
(そのテレビ番組は先週、放送された。)

※broadcastの受け身はbroadcast、broadcastedのどちらでも大丈夫です。

air

2つ目はairです。
airといえば名詞の「空気、大気」がよく知られていると思いますが、実は「〜を放送する」という動詞も存在します。

使い方はbroadcastと同様になります。

My friend always says that Japanese TV stations don’t air interesting TV programs.
(日本のテレビ局は面白い番組を放送していないと、友達はいつも言っている。)

I think more business TV programs should be aired.
(もっと多くのビジネス関連のテレビ番組が放送されるべきだと、私は思う。)

on the airを使って、「〜は放送中だ」という使い方をすることも可能になります。

That program is on the air.
(その番組は放送中だ。)

show

最後はshowです。
broadcast、airと同様の使い方となります。

showはテレビ以外にも映画を「放映する」場合に、使うことができます。

Fuji Television showed “Frozen” on TV last month.
(フジテレビは先月、「アナと雪の女王」をテレビで放映した。)

The soccer match will be shown live next week.
(そのサッカーの試合は来週生放送される。)

以上となります。
どれか1つでいいので、使えるようにしておくと便利です。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)