ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

「電話を切る」は英語で何と言えばいいか?

「電話を切る」は英語で何と言えばいいか?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回紹介するのは、英語で「電話を切る」という言い方。
ビジネスの場面では、電話でのやり取りが多く発生するので、是非今回の表現は覚えておきたいところです。

「電話を切る」=hang up

「電話を切る」はhang upを使います。
使い方としては、以下のようになります。

I don’t know why but my client suddenly hung up.
(お客さんは突然電話を切った。)

hang up the phoneという言い方をする場合も多くあります。

ではなぜ、hang upが「電話を切る」という意味になるのでしょうか?

hangはあまり馴染みがない単語かもしれませんが、「〜を吊るす、掛ける」という意味があります。
「ハンガー(hanger)」を考えれば、わかりやすいと思います。

話を戻しますが、昔の電話は壁に掛けるタイプのものでした。
よって、「電話を壁に掛ける=電話を切る」となり、hang upで「電話を切る」という意味になります。

いかがだったでしょうか?

英語はこのように語源を覚えておくと、次回以降忘れにくくなります。
暗記に頼ると効率的ではないので、語源から覚えていくやり方をオススメします!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)