ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

単語

同僚を英語で

同僚を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今日は、ビジネス英語に必須な「同僚」という表現。

「私の同僚は〜です。」
「私の同僚と〜をしました。」

といった内容の表現は、度々登場する表現なので、是非抑えるようにしましょう。

2種類の英語での同僚

英語で、「同僚」と言いたい場合、主に2種類の言い方があります。

co-worker

1つは、co-workerです。
co-で「共通の、共同の」という意味を表すため、そこから派生してco-workerは「同僚」という意味を表します。

ちなみに、co-を使った別の表現には、co-operation(協力)やco-existent(共存する)といった表現があります。

発音も確認しましょう(Weblio調べ)。


colleague

もう1つは、colleagueです。
あまり馴染みのない単語かもしれないので、発音もチェックしておきましょう(Weblio調べ)。

co-workerとcolleagueの違いとは?

それでは、co-workerとcolleagueは何が違うのでしょうか?

基本的に、同じような意味なのですが、微妙にニュアンスが違います。
ニュアンスの違いを調べたい時には、英英辞典が便利なので、両者を比較してみたいと思います。

Longmanによると、それぞれの定義は以下のようになります。

co-workerLongman調べ

someone who works with you and has a similar position

colleagueLongman調べ

someone you work with – used especially by professional people

どちらも、someone who works withが共通で使われているのですが、co-workerの場合、has a similar positionと書かれています。

つまり、同じような部署で働いている、あるいは似た仕事をしている場合に使うのがco-workerです。

一方で、colleagueはused especially by professional peopleと書かれています。

つまり、特に専門性の高い仕事をしている人たちの間でよく使われるのがcolleagueであることがわかります。

もう少しわかりやすくまとめると、co-workerがカジュアルな使い方で、colleagueはもう少しエリートっぽい響きがするという違いがあります。

まとめ:2種類の同僚、co-workerとcolleagueを使いこなせるようになろう!

以上、2種類の同僚、co-workerとcolleagueの使い方でした。

微妙にニュアンスが違うので、是非使いこなせるようになりましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)