ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

英語を話すときのコツ

英語に才能は必要か?

英語に才能は必要か?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

よく、

「英語が話せるようになるには、才能は必要ですか?」

という質問を受けます。

正直言うと、全く関係ありません!

言い方が悪いですが、英語は所詮語学です。
正しい方法で、継続すれば必ず誰でも話せるようになるのです。

もちろん、耳がいい人は発音が上手くなる可能性は高いです。
そういう方はネイティブスピーカーのような発音で話すことができます。

また、人によって上達のスピードは変わってきます
少し学んだだけで話せる人もいれば、時間がかかる人もいます。

ただ、コミュニケーションが取れるレベルまで話せるかどうか?の基準で考えると、才能は関係ありません

日本語が話せるかどうかに才能は関係ないですよね?
英語も同じです。

僕自身も、自分に語学の才能があるとは1ミリも思いません。
でも、今では外国人とのコミュニケーションでほとんど困ることはありません。

自分の可能性に制限をしないでください。

英語が話せるかどうかのポイントは、

やるか、やらないか。

ただ、それだけなのです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)