ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

英語を話すときのコツ

コミュニケーション能力が高すぎる人が陥りがちなこととは?

コミュニケーション能力が高すぎる人が陥りがちなこととは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

最近、気がついたことがあります。
それは、コミュニケーション能力が高い人は、英語が逆に上手くなりにくいんじゃないか?という事です。

「いやいや、逆でしょ!」と思うかもしれません。
僕自身も今までそう思っていました。

しかし、最近いろいろなタイプの方に教えるようになって、実はコミュニケーション能力が高い人は英語を学ぶにあたって、デメリットになる場合があるなと考えるようになりました。

なぜかというと、コミュニケーション能力が高い人はノリで何となく通じてしまうので、細かい部分にこだわらないからです。

別に今の英語で通じているから、上手くならなくていいかな。

と感じてしまう傾向にあるので、成長しないのです。

逆に、コミュニケーション能力がそこまで高くない人はノリでカバーできないので、英語力を伸ばそうとします

僕もこちらのタイプなので、英語力を高めることに専念できたのかなと思います。
僕の周りの英語が話せる人たちを見ても、人見知りの人は結構います。

なので、コミュニケーション能力が低いからといって、気にしないでください。
ノリが悪くても英語は話せるようになるのです

ちなみにコミュニケーション能力が高い人が細かい部分にこだわるようになると、最強です。

話は変わってコミュニケーション能力が高い人の口癖で、

英語は単語を並べればとりあえず通じる。

がよくありますが、正直結構通じていません(笑)

というのも自称、ブロークンイングリッシュが話せる日本人の英語を何度も聞いたことがありますが、何と言っているかわからないことが多いからです。

外国人も全部理解できていなくても、わかったふりをすることがあるので、あまり鵜呑みにしないほうがいいですよ。

結論としては、外国人との会話で実践をして、できなかったところを修正していくという地道な取り組みが英語上達にはやっぱり欠かせないということです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)