ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

文法

やってみると意外と簡単

やってみると意外と簡単

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

日本に来ているオーストラリア人と、最近チャットを始めた生徒さんがいます。
※チャットとはショートメッセージのやり取りのこと。メールとは違いカジュアルな言い回しが一般的です。

その方が面白いことを言っていました。

その一言とは、

「外国人って意外と文法適当なんですね。」

というもの。

はい、実はその通りなんです。
もちろん人によりますが、特にチャットではかなりカジュアルな表現を使います。

例えば、以下のような表現を使ったりします。

for you⇒4 u
B4⇒before
cuz⇒because
btw⇒by the way
plz⇒please

あと、生徒さんが他にも言っていたのが、

「難しいと思っていたけど、やってみるとそこまで難しくなかったです。」

という一言。

これ、めっちゃ重要です。

英語で会話したり、チャットしたりする時って完璧でなかったら相手に通じないと思われがちですが、実はそんなことはありません

余裕で通じます!

でも、これはチャレンジするからこそ見えてくることですね。
だからこそ、どんどんチャレンジしていくことが大切です。

ちなみに今回のようなチャットではなくビジネスのメールでも、アジアやヨーロッパといった非英語圏の人たちとメールをしてみると、適当だったりします。

だから、こちらも「適当で大丈夫!」と言っている訳ではありません。
「身構える必要はない!」という意味です。

どんどんチャレンジしましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)