ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

英語を話すときのコツ

恥をかくのが一番

恥をかくのが一番

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昔、生徒さんを外国人が参加するパーティーによく誘っていたのですが、その時によく返ってきた答えが、

まだ自信がないので、参加できません。

これって、もっともらしい答えなんですが、よく考えると矛盾しています。
なぜかというと、外国人と話して成功体験をするのが、自信を持つための一番の近道だからです

私もかつて英語が話せなかったときは、外国人に話しかけるのが怖かったです。
なので、生徒さんが勇気が出ないという気持ちは痛いほどわかります。
ただ、それではだめなんです。

英語に限らずだと思いますが、語学はたくさん恥をかかないと上手くいきません
私は多くの英語が話せる日本人を知っていますが、共通点として間違いなく、たくさん失敗をしてきた人たちです。

もちろん私も同じです。

私はイギリスの留学時代、何度恥をかいたかわかりません
語学学校に通っていたとき、発音が悪いといつも先生に注意されていました。

また、ある授業中にみんなの前で自分の意見を発表する機会があったのですが、全然上手く答えられずに、クラス中のみんなに笑われました。

そこで悔しい思いをしたからこそ、次は笑われないように、たくさん自分で練習しました
そうやって、徐々に英語が上手くなっていきました。

よく言われる話ですが、海外の人は英語が下手でも積極的に話そうとします
だからこそ、ありえないスピードで上達するのです。

自分で練習するのはもちろん大切ですが、それだけでは自信は一生生まれません
実践が必要なのです。

たくさん恥をかきましょう!
それが、英語が上手くなる一番の近道です。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)