ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

フレーズ

仕方がないを英語で

仕方がないを英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回紹介するのは「仕方がない」という表現
何と言えばいいかわかりますか?

正解は、I can’t help it.

直訳すると、

「それを助けることができない。」

となり、そこから派生して、

「仕方がない。」

という意味になります。

そして、以下のように受け身にしても大丈夫です。

It can’t be helped.

あとは、以下のような表現でも同様の意味となります。

I have no choice.

That’s the only choice.

知っていたら、便利な表現です!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)