ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

英語の勉強方法

外国人と話せるとっておきの場所とは?

外国人と話せるとっておきの場所とは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

英語を話したいけど話す機会がない・・・

そんな悩みを持っている人は多いかと思います。

解決策として、よく世間で言われているのがバーで外国人に話しかけるというものですが、いきなり知らない外国人に話しかけるのはかなりハードルが高いです。

そこで僕がおススメしたいのが、英会話カフェです。

英会話カフェとは何かというと、その名の通り英語で会話をするためのカフェです。

基本的にカフェには英語の話せるスタッフが必ずいて、プラスアルファで外国人のお客さんがかなりの数来店します。

よって、そういった方々と英語で会話をすれば、相当いいトレーニングとなります。

僕は、イギリスに留学する前の大学4年の時、2日に1回ぐらいは英会話カフェに通っていました。
そうすることでかなり英語力が鍛えられました。

ただ、最初は全く会話をすることができませんでした
というより、そもそも相手が何と言っているか全くわかりませんでした

そのため、ひたすら相手の言っていることを聞いていました
そうする内に、少しずつ理解できるようになり、会話もできるようになりました

そして、外国人の友達が徐々に増えていきました。
外国人の友達が増えると、カフェ以外の場所でも遊びに行くようになり、更に英語が鍛えられました。

このように日本にいながらでも、英語が練習できる場所が英会話カフェです。

ただ、英会話カフェで避けなければいけないのは、自分と同じ英語レベルの人と英語で話をすることです。

確かに同じ英語レベルの人と話すと安心をしますし、緊張もしなくて済みます。
ただ、効果は全くありません。

語学は自分より上手い人と話して初めて効果があります
一番はネイティブスピーカーと話をすることです。

英語のできる日本人と話をするのも効果があります。
ただし、日本人と話をすることは1点問題があります。
それは、日本人特有の英語を使っても理解してもらえるという事です。

どういう事かというと、例えばI bought an aircon(エアコン).といったカタカナ英語が入っていても通じてしまいます。(正しくは、air-conditionerとなります。)

間違った英語でも通じてしまうために、間違った英語を覚えてしまうのです。

このように考えると、ベストはネイティブスピーカーと話すことです。
最初は、なかなか勇気が出ないかもしれません。

しかし、そもそも日本に来ている外国人は日本の事が好きな人がほとんどです。
また、日本人の友達を作りたいと考えている人がとても多いです。

なので、どんどんと話しかけましょう。

ちなみに、僕は高田馬場にある「Mickey House」さんにお世話になりました。
とてもリーズナブルな値段で行くことができるので、おススメです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)