ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

ライティング

英語が話せるようになりたければ、スピーキング以外も勉強しよう!

英語が話せるようになりたければ、スピーキング以外も勉強しよう!

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

英語の相談を普段から受けることが多いのですが、その中で感じるのが、

「英語をたくさん話しさえすれば、英語が話せるようになる。」

という勘違いをしている人が非常に多いことです。

もちろん、英語にたくさん話すことは大切なのですが、それだけではダメです。
一定のところまでは上達しますが、そこから先には進めないのです。

では、どういうことを意識していけば、英語は話せるようになるのでしょうか?

英語は4技能をバランス良く勉強することが大切!

その時に重要な考え方が、4技能をバランス良く勉強することです。
4技能とは、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングのことです。

特にライティング、リーディングはスピーキングと関係無さそうに見えるのですが、実は密接に関連しています。

リスニング

スピーキングと一番関係が深いのがリスニングです。
これは、会話自体が話すことと聴くことの繰り返しであることを考えれば、容易にイメージしやすいと思います。

スピーキングとリスニングは相互に関連しているため、どちらかが伸びればもう片方も伸びていくイメージです。

もちろんどちらか一方が得意という偏りが出る場合もありますが、どちらかに極端に偏っている人はあまり見た事がありません。

たまにリスニングは苦手だけど、スピーキングが得意という人に会いますが、ほぼ間違いなく得意ではありません(笑)

リスニングを強化しないと、どういった発音、アクセント、リズムで話せば相手に伝わるのかがわかりませんし、使える単語やフレーズは増えていきません。

よって、スピーキングを伸ばすためには、リスニングは欠かせないのです。

ライティング

基本的にライティングが上手くなれば、スピーキングが上手くなる確率がグッと高まります。
なぜかというと、スピーキングは文章を組み立ててその文章を口に出すアクションだからです。

ある程度英語が話せる人は文章を頭の中で組み立てますが、そうでない人はまずは文字に起こしてからそれを口に出すことから始めます。

その際に、ライティングが上手く出来なければ、当然口に出しても間違った英語が出てきます。
逆に、ライティングが上手く出来れば、口にした場合正しい英語が出てきます。

そのため、ライティングはスピーキング力アップに関係するのです。

もちろん、「ライティングが上手い=スピーキングが上手くなる」ではないです。
なぜなら、書くことと話すことは違うアクションだからです。

ただ、ライティングができるようになれば、スピーキングが伸びやすくなるのは間違いないです。
そのため、僕は生徒さんに対して必ず毎回ライティングの宿題を出しています。

リーディング

「リーディングとスピーキングって関係あるの?」

という感想を持つかもしれませんが、実は関係しています。

理由の1つは、リーディングをすることで正しい文法、文の構成が理解できることです。
そしてもう1つの理由は、リスニングと同様新しい語彙が身につくことです。

もちろんどんな文章を読むかによって変わりますが、英語の文章はフォーマルな文章が多いため、英語のベースを身につけるのにオススメです。

一方で、リスニングの場合、特に映画は省略形が使われたり、正しい文法で話されないことがあるので、間違った英語のまま覚えてしまうリスクもあります。

加えて、どこまで根拠があるかはわかりませんが、ある調査によると、複数の帰国子女を調べた時に、英語が上手い人とそうでない人の違いは英語での読書量だったという話も聞いたことがあります。

ただ、日本の教育は読みと文法が中心のため、リーディングは既にある程度できる人が多いです。

そういった方は、他の技能に比べるとリーディングにそこまで力を入れる必要がないかなと思います。

まとめ:英語は4技能をバランス良く勉強しよう!

以上、スピーキングとその他の技能との関連性でした。

僕はイギリス留学をする際に、IELTSという試験を受ける必要がありました。
これは、イギリス版のTOEFLのようなもので、4技能を満遍なく答えなければいけない試験です。

この試験の勉強を大体1年ぐらいやったのですが、勉強をしていると自然にスピーキングが少しずつ伸びていきました。

また生徒さんを見ていると、大体伸びやすい人はTOEICの点数が高いなど、英語の基礎があるという共通点を持っています。

このような経験から、スピーキングを伸ばすためには英語をバンラスよく勉強することが大切であると確信しています。

もしもあなたが英語を勉強しているけど伸び悩んでいるのであれば、今回の内容を是非参考にしてみてください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)