ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

英語の勉強方法

英語は必要なもの、興味のあるものにフォーカスする

英語は必要なもの、興味のあるものにフォーカスする

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

オススメの英語の勉強方法として、映画・ドラマを観る、TEDを観る、ニュースを聴く、英字新聞を読むなど挙げられますが、どれも正解であり、不正解です。

どういうことか?

これらの勉強方法が自分に必要なもの、興味のあるものであれば正解ですが、そうでなければ不正解であるということです。

英語は必要なもの、興味のあるものを選ばないと意味がない

英語って色々と勉強方法がありますが、全ての人に万能なやり方はないのです。
それは、人それぞれ必要なもの、興味のあるものが違うからです。

まず必要なものの観点で言うと、例えば旅行で英語を使いたい人がいます。
この人にとってTEDを観ることが必要なことかというと、疑問が残ります。

もちろん全く無駄ではないですが、旅行で英語が必要な人はより日常会話で使う表現が必要なので、日常をテーマとした映画やドラマを観る方がより効果は高いでしょう。

TEDはビジネスのプレゼンをする人にとっては、役に立ちますが、それ以外の特に日常で使う人にとって効果は低いです。

ビジネスマンは忙しいので、必要なものにフォーカスして、最短で身につける努力をしましょう。

次に、興味のあるものの観点です。
例えば、ニュースを英語で聴くことはニュースが好きな人にとってはとても価値の高いコンテンツですが、それ以外の人にとっては苦痛でしかありません。

あと、英字新聞も同じです。
英字新聞を読めば、確かに語彙力、リーディング力、更には幅広い知識が得られますが、新聞を読むことに興味がない人であれば、オススメできません。

英語の習得には長期的な勉強が必要です。
よって、興味のないものを選択した場合、100%継続できないので途中で挫折してしまうのです。

まとめ:ベストは必要で更に興味のあるもの

以上まとめると、英語を勉強する際には自分にとって必要であり、かつ興味のあるものを選ぶのがベストとなります。

次に必要だが興味のないもの、その次に必要でないが興味のあるもの、最後に必要もなく興味もないものという順番になります。

ビジネスマンは時間が限られているため、いかに効率的に勉強するかがポイントとなります。

どうすれば自分に必要なものを継続して勉強できるかをよく考え、勉強方法を選択しましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)