ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

文法

なぜ、sameにはtheが付くのか?

なぜ、sameにはtheが付くのか?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

本日は意外に知らないsameの使い方について。
sameは「〜と同じ」という意味の単語ですが、必ずthe sameというようにtheとセットで使われます。

なぜsameにはtheが付くのか、わかりますか?

theは特定の意味

まず知っていてほしいのは、昨日の、『aとtheの違いとは?』でも説明しましたが、名詞の前にtheを付けると特定の意味を指すようになることです。

そして、sameは「〜と同じ」という意味を指すので、意味が特定され、結果的にtheをsameの前に付ける必要が出てきます。

わかりにくいと思うので、例文を見ながら説明していきましょう。

He graduated from the same university as me.
(彼は私と同じ大学を卒業しました。)

この中のthe same university as meですが、ただの大学ではなく「私と同じ大学」というように、意味が特定されています。

私と同じ大学は1つですよね?
そのため、theがsameの前に付きます。

もう1つ例を見てみましょう。

She always has lunch with the same person.
(彼女はいつも同じ人とランチを食べます。)

この場合も、ただ人とランチをするのではなく、「同じ人」とランチをするため、意味が特定されています。

同じ人は特定の人なので、sameの前にtheが付くのです。

まとめ:基本的にsameの前にはtheを付けよう!

以上の理由から、sameの前にはtheを付けることが基本となります。

正直、theを付け忘れたとしても特に問題なく通じます。
しかし、今回の記事を通して知って欲しかったのは、理由を考えていくと上達が早くなることです。

「なぜtheが付くのか?」
「なぜこの表現でこの意味になるのか?」

このように好奇心を持って英語に取り組むと、自分で調べる癖がつき、英語が上手くなりやすくなります。
また、同じミスを繰り返しにくくなります。

是非、意識してみてください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)