ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

英会話スクール

英会話の先生は、ネイティブスピーカー?それともフィリピン人?

英会話の先生は、ネイティブスピーカー?それともフィリピン人?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

もしもあなたが外国人の講師を選ぶとしたら、ネイティブスピーカー、フィリピン人のどちらがいいのでしょうか?

この質問に答えるためにまず伝えなければいけないのは、初級者〜中級者の方は外国人ではなく日本人講師を選んだ方がいいということです。

なぜこのステージの方々に日本人講師が向いているかというと、日本語を交えた方が効率的に学ぶことができるからです。

外国人の講師が適しているのは上級者以上となります。
初級者、中級者、上級者の定義に関しては、『英会話講師は日本人、外国人のどちらを選ぶべきか?』をご覧ください。

では、上級者はネイティブと非ネイティブのどちらを選べばいいのでしょうか

理想を言うと、ネイティブスピーカーです。
なぜかというと、ネイティブスピーカーの英語を学べば どのような英語にも対応できからです。

現在では英語圏の人だけでなく、非英語圏の人とビジネスをする機会も増えてきています。
その時に一番標準な英語を学んでいれば、訛りのきついインドや東南アジアの英語の聴き取りもある程度は対応できます。

またしっかりとした発音で会話できれば、どこの国の人にも理解してもらうことができます。

あと、ネイティブスピーカーに学ぶ理由は、表現の幅です。

フィリピン人ももちろん英語は上手いのですが、ネイティブスピーカーと比べると、どうしても使う表現の幅が限定されてしまいます。
よって、その分学びも少なくなります。

ちなみによくアメリカ英語とイギリス英語は全然違うのか?という質問を受けますが、基本的にはそこまで変わりません

例えると日本語の標準語と関西弁の違いのようなものです。
イントネーションの違いや一部の言葉の違いはありますが、東京の人と大阪の人がコミュニケーションを取れないかというと、そんなことありませんよね?

それと一緒で、アメリカ人とイギリス人は問題なく会話ができます。
よって、どちらを学んでも大丈夫です。

では次にフィリピン人の英語はどうなのか?というお話をさせていただきます。
僕は昔ある会社のオンライン英会話スクールに通っていたことがあり、毎日のようにフィリピン人と会話をしていました。

その経験から言うと、ィリピン人講師は英語が上手い人とそうでない人の差が 相当激しい印象を受けました。

ある人は訛りはあるものの、ネイティブスピーカーに限りなく近い英語ですが、ある人は「この人の英語大丈夫?」と突っ込みたくなるレベルでした。

もちろん、フィリピン人講師の方が価格も安いですし、 レッスンの頻度も多いので一概にどちらがいいかを判断するのが難しいと思います。

ただ外国人講師を選ぶときには、今日の内容を是非参考にしていただきたいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)