ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

ビジネス英語

ビジネス英語では短縮形は使わない

ビジネス英語では短縮形は使わない

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回はビジネス英語のルールに関して。
ビジネス英語では短縮形を使わないという話です。

例えば、友達同士のカジュアルな会話だと以下のような短縮形を使います。

want to⇒wanna
going to⇒gonna
got to⇒ gotta

このような短縮形は基本的にビジネスで使われることはありません。

同僚同士であったり、かなり親しい取引先であれば短縮形を使うこともありますが、短縮しない形を使うのが無難です。

日本語で敬語を使っていれば、どんな人に対しても失礼になりません。
一方で距離がまだ近くないのに、カジュアル表現(例えばタメ口)を使ってしまうと関係が悪化する可能性があります。

英語の短縮形もそれと同じです。

ビジネスで英語を使う場合には是非注意しましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)