ミニマムイングリッシュ

最小限の英語力と学習プロセスで、ビジネス英語が話せる!

March, 2017

Month
言葉が出てこない時の、時間稼ぎの表現
英語を話していると、とっさに言葉が出てこない時ってありますよね? そんな時、ただただ沈黙したり、何度も言い直したりしていると相手に悪い印象を持たれてしまいます。 そんな時は、時間を稼いで、冷静に考えることが大切です。 ではどんな表現を言えば、上手く時間を稼ぐことができるのでしょうか?
2種類のReally?の使い分け
今回取り上げるのはReally?について。 誰もが使ったことがあるぐらい有名なReally?ですが、実は語尾を上げるか下げるかで意味合いが変わってくることをご存知でしょうか?
genreの発音に注意しましょう!
今回は日本人が間違いやすい発音について。 今回取り上げるのはgenreです。 日本語で言うと「ジャンル」に当たる単語ですが、発音は全く異なるので注意が必要です。
「時間にルーズ」はlooseではありません!
「時間にルーズ」と言いたい場合、あなたはもしかしたらlooseを思い浮かべるかもしれません。 しかし、 You’re loose. と言ったとしても、残念ながら通じません。
besidesとbesideの違いとは?
日本人の間違いやすい英語シリーズ、今回はbesidesとbesideの違いについてです。 「sometimesとsometimeの違いとは?」でも説明しましたが、sが付くか付かないかで意味が全く変わってしまうので、注意が必要です。
「〜できるようになりたい」を英語で
例えば、 「英語が話せるようになりたい。」 のように、「〜できるようになりたい」と表現したい場合どう言えばいいかわかりますか?
allergyの発音に注意しましょう!
日本人が間違いやすい発音シリーズ。 今回はallergyについて。 日本語で言うと「アレルギー」に当たる言葉で、以前「花粉症を英語で」でも登場しました。 ただ・・・
日本人と欧米人の違い〜時間に対する考え方〜
日本人と欧米人って色々と違う部分があるのですが、圧倒的に違うと思うのは時間に対する考え方です。 わかりやすくするために欧米人というくくりにしましたが、もちろん欧米人の方にも時間に正確な人もいます。 また、日本人にも時間にルーズな人はたくさんいます。 あくまでも一般的な話をしているので、その点はご注意くださ...
careerの発音に注意しましょう!
今回は日本人が間違いやすい発音について。 日本語にもなっている「キャリア」という言葉ですが、英語ではcareerと書きます。 しかし、発音は全く異なるので注意が必要です。
ビジネス英語では短縮形は使わない
今回はビジネス英語のルールに関して。 ビジネス英語では短縮形を使わないという話です。 例えば、友達同士のカジュアルな会話だと以下のような短縮形を使います。